正規航空券の違いは

- 正規航空券の違いは

正規航空券の違いは

国内旅行や出張などでも飛行機を使うということもあり得ます。
北海道や沖縄に出張をするということであれば、飛行機という選択肢しかないわけですが、東京と大阪の間であれば新幹線や高速バス、飛行機の選択が出てきます。
距離が離れていればいるほど飛行機を利用する割合が高くなってくるでしょう。
飛行機を利用するとはいっても格安航空券と正規航空券に大きく分かれてきます。
今回はこれらの違いについて解説していきます。

正規航空券は変更が無料でできる

正規航空券と言うのはファーストクラスやビジネスクラス、エコノミークラス全てにおいて購入する事が可能なわけですが、格安航空チケットに比べて最も高額な航空券です。
しかし、制約があるというわけでもなくリスクが低いというのが大きな利点になりますので、変更をしたい時には自由に変更が可能です。

格安航空チケットとは価格が安いチケットである

格安航空チケットと言うのは正規の航空券に比べて価格が安いチケットです。
航空会社からすればすべて正規の航空券を販売すればいいのではないかと思うかもしれませんが、閑散期になって空席で飛ばすのはもったいないということで、価格が安くても乗ってもらいたいわけです。
元々は団体客向けに旅行代理店に卸したチケットなわけで、それを個人向けにも売ろうということでだんだんそういうチケットが普及してきています。

大手航空会社からも格安航空チケットは販売されている

JALやANAなどの大手航空会社からすると格安航空チケットと言うのは否定したいわけですが、大手航空会社であっても早割などの格安航空チケットが直接窓口で販売されるようになっています。
こういうところで販売されるチケットのことを正規割引航空券と呼んだりもします。

格安航空チケットと正規航空券の違いを知っておこう

格安航空券と正規航空券の違いを知ったうえで格安航空チケットを購入した方が、どういう点で使えてどういう点で使いにくいのかということをよく理解することができるでしょう。