気になるデメリットについて

- 気になるデメリットについて

気になるデメリットについて

安さに惹かれて格安航空券を利用するのはいいのですが、デメリットについてもしっかりと理解しておいた方がいいでしょう。
デメリットについて知っておかないとかえって格安というメリットが失われることにもなってしまいます。
ここでは格安チケットのデメリットについて紹介しておきます。

柔軟性に欠ける

travel
格安航空チケットは安い代わりに何でもできるというチケットではないです。
つまり、一度購入したら変更することはできにくいチケットです。
そうなると早めに予定を確定させないと使えないとチケットでもあります。
自由気ままに旅行をしたいというニーズには却って答えることができないということが言えます。
もし変更がしたいということになると、変更するための手数料が取られたりします。
場合によってはいったんキャンセルをして新たにチケットを購入し直す必要が出てきます。
正規の航空チケットに比べてもキャンセル料が高いわけです。
それはなぜかというと、安く売っているわけですからそれくらいのリスクは自分たちで負うべきだからです。

時間的な制約がある

1日に1便程度しかないということになると、それを利用しないといけないわけですので、それほど制約があるというわけではないでしょう。
しかし、1日に複数出ている便に関して言えば、安い便ほど利用しづらい時間帯になっていることが多いです。
それは早朝の便か、夜遅くの便になります。
時間帯がいい便になると人がたくさん集まりますので、わざわざ安くする必要はないです。
しかし、安く利用するということになると、どうしても利用しづらい便に乗る必要が出て行き、そのため時間の融通が効かないということにもなりかねません。

デメリットをうまく和らげたらいい

格安航空券を利用するに当たり、変更が効かないなど柔軟性に欠けたり、時間的な制約がどうしても出てくるなどデメリットに当たることはあります。
しかし、デメリットをメリットに活かすことができる人に取ってはお得に利用できるでしょう。