格安航空券で行く飛行機は果たして安全性は大丈夫なのか?

- 格安航空券で行く飛行機は果たして安全性は大丈夫なのか?

格安航空券で行く飛行機は果たして安全性は大丈夫なのか?

格安航空券を利用するメリットと言うのは安い価格で飛行機に乗ることができる点にありますが。
しかし、安く乗れるのはいいけれども、安全性は大丈夫なのかという点で疑問を感じる人もいるでしょう。
大手航空会社の格安航空チケットであればそういう心配はないかもしれませんが、LCCになるとどうなのかという疑問を感じる人もいるかもしれません。

安全性については問題ないと言ってもいい

LCCだから安全性に適当な就航をしているというわけではないです。
飛行機を就航するためには国の厳しい基準をクリアしないといけませんので、格安航空チケットだからと言っても安全性が損なわれるということはありませんので無用な心配をしなくてもいいでしょう。

大手航空会社でもLCCであっても絶対に安全というわけではありません。
それは新幹線を使おうが高速バスを使おうが同じことです。
飛行機は上空を飛びますのでもし事故が起きるとなると大惨事になることが多いです。
こういう事故を起こした航空会社に次乗りたいという人はいないでしょうから、大きな事故が無いようにきちんと取り組んでいるはずです。
整備の面においても大手航空会社と遜色がないです。
安全については、こちらも(http://www.huffingtonpost.jp/triport/lcc_b_7083642.html)ご覧くださいませ。

シートピッチが狭いことによる注意はしておいたほうがいい

飛行機自体は安全に配慮していると言ってもいいですが、唯一注意しないといけないことと言うとエコノミークラスにおけるシートピッチが狭いということです。
間の空間が狭いと姿勢が固定されますので、これによりエコノミー症候群を発症する可能性があります。
大手航空会社に比べてLCCの場合は3~5cmほど狭いという風に言われていますので、大柄な人や太った人については多少気になるのではないでしょうか。

格安チケットで注意するのは安全性よりも座席の狭さ

格安航空券を利用する場合に注意するべきことは安全性ではなく、座席の狭さではないでしょうか。
LCCだからと言っても安全性に対しては大丈夫ですが、席の狭さが気になる人については我慢をする必要があるでしょう。

関連記事: